ライアーライアー


ライアーライアー



動画の評価


コメディ、笑える      ☆☆☆☆☆

パントマイム        ☆☆☆☆☆

家族のドラマ        ☆☆☆☆

おすすめ度         ☆☆☆☆



dTVで配信中!





動画の感想とレビュー、あらすじ


ジム・キャリーが敏腕弁護士を演じるコメディ。

ジム・キャリーのパントマイムや、オーバーな演技、顔面芸が炸裂しています(^^;

私はあまり他のジム・キャリー作品は観たことがなかったので、ちょっと呆気にとられてしまいました。

彼のオーバーアクション気味の演技が苦手な人は、きついかも。


主人公は、ジム・キャリー演じる弁護士のフレッチャー。

弁護士、裁判の世界では真実なんてあってないようなもの、と言わんがごとく、論理をすりかえたり嘘をついたりして、力技で勝訴に持ち込んでしまいます。

それゆえに有能な弁護士とされているのですが、人間として見ると嫌な人ですね。(苦笑)

彼には別れた奥さんとの間にかわいい一人息子がいます。

でも彼は仕事ばかりしていて息子・マックスとの約束を破ってばかり。

とうとう5歳の誕生日のパーティーもすっぽかしてしまうことに。

パパに会えるのを楽しみにしていたマックスは傷ついて、ケーキのろうそくの火を吹き消すときに、
「パパが一日だけ嘘をつけなくなりますように」というお願いをします。


そのお願いが本当に効いて、フレッチャーは一日嘘がつけなくなってしまうのです。

かわいい息子がした願掛けにより、フレッチャーは嘘をつかずに裁判を乗り切らねばならないことに。

その嘘の暴かれた弁護士の世界が、コミカルに描かれています。

ジム・キャリーのハイテンションな演技が強烈で、とにかく笑いながら観られました。

弁護士に限らず、人は普段からささいな嘘をたくさんついているのだなあ・・・と改めて気づかされたり。

健気な5歳の男の子のかけたファンタジックな魔法により、大人の世界の嘘が暴かれてしまうという手法が面白いですね。


最後に今までの息子への態度を反省して、フレッチャーが空港へ駆けつけるシーンが好きでした。

身の振りかまわずに「愛している」と大声で叫びながら、マックスを止めようとします。
ジム・キャリーのオーバーな表情が返って効果的で、笑いながらもジーンとしてしまいました。


dTVで配信されています。